自分を守るために初心者も必見!護身術を習おう

日本の武道からスポーツ系などもある

日本は治安がいいものの自分で身を守らないといけないこともあります。襲われたときの対処方法を何も持っていないのは不安があるかもしれません。その時に選択をするとよいのが護身術になります。どんなものがあるかランキングを知っておくと良いかもしれません。

まずは日本の伝統武道があります。柔道であったり空手は多くの道場があります。基本的には競技として技術を身につける教室が多いですが、護身のためのコースを用意してくれているところもあります。道具などが不要なので、実際に使いやすいかもしれません。

スポーツ系としてはボクシングやキックボクシングなどがあります。試合を前提にしたクラスの他ダイエットコースなども用意されています。その他のコースとして護身のためのレクチャーを受けることができます。日本発祥ではない拳法やテコンドー等の教室もあります。

マガジム

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス性 ★★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 目的やレベルに応じて12のクラスを設定
  • 利用時間帯によって料金変動制を適用
  • 毎日開催されていて定休日が存在しないこと

マガジムは護身術を教えるためのジムの1つです。この会社の運営事務局は東京都港区の六本木に存在していて、主な事業内容はジムで受講者に護身術を教えること、そして護身や格闘技グッズなどの制作や販売をしています。

その護身術を教えるためのジムは東京都内に2か所あり、1つは六本木のアロービルの4階で、もう1つは赤坂の赤坂HMビルの地下1階に存在しています。なおどちらのジムも毎日営業していますが、営業時間はそれぞれ曜日ごとに異なります。なおどちらも平日は昼間時間帯の一部は休憩時間帯となっています。

このマガジムの護身術を利用する場合はスタンダード、ライト、平日データイムの1つの料金体系が存在します。なおその料金は1店舗だけ利用する場合と2店舗で利用する場合で異なります。また受講できるクラスは目的やレベルごとに異なっていて、全部で12のクラスが存在しています。

カパプ防衛館道場

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 武装した相手にも有効な実践的護身術
  • 軍人格闘技をベースにした現実的な技術を学べる
  • 体力に合わせて練習でき、女性やお年寄りにもおすすめ

世の中には暴力的な人が少なからずいます。そういった人はどこに潜んでいるかまったく分からないため、気付いた時には自分が犠牲者にということも起こり得ます。素手での暴力だけでなく、ナイフや銃器などの武器を持った相手にも有効な護身術は、カパプ防衛館道場で身に付けられます。

道場の名前にもあるカパプとは、イスラエル発祥の対テロ用格闘術です。テロ用とあるように、本来は軍人の使う対人格闘術です。カパプ防衛館道場では、それを万人に使えるようにアレンジを加えた護身術を教わることができます。軍人体術を元にしているだけあり、武器を奪う方法や間合いの取り方など、数多くの現実的な技術を身に付けられます。

格闘術ベースの護身術ですが、軍人がやるような体力勝負の練習はありません。体力に合わせた練習メニューを組んでくれるので、女性や中高年の人、お年寄りでも手軽に護身術が身に付けられます。武器を取り上げる訓練ではゴム製の模造刀を使うため、大けがをする心配もありません。女性やお年寄りは体力的に劣り、襲われたら抵抗するのは無理が出ます。カパプ防衛館道場の技術は、そういった人の身を守る助けになってくれるでしょう。

今井道場

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 女性でも2時間程度あれば学ぶことができます。
  • 無料体験があるので人気があります。
  • キッズコースもあるので子供でもマスターできます。

今井道場では女性でも護身術が学べるようなコースがあります。初心者向けに無料体験が受けられるコースもあるので、通い続けていれば誰でも護身術の素晴らしさを感じ取ることができます。空手は生活に自信を与えてくれるので、前向きな気持ちでマスターすることができます。

キッズコースはいじめに負けない強さを教えています。常に人の心の痛みが分かるような優しさを持って、師範が護身術を教えているので、子供でも大人と同じような目線で学ぶことができます。師範はいつも丁寧で親切に教えているので、数多くの子供たちが通っています。

一般コースは心身の強化を図るために理想的な手法で護身術を指導しています。学んでいるとどのようなことでもクリアできるようなチャレンジャーへと進化するので勇気が出ます。

YSPC

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 少人数制なのでストレスが溜まりません。
  • 資格割引が適用されるので便利です。
  • ユーモアに満ち溢れたトレーニングをします。

YSPCは少人数制を取り入れていてグループ形式で護身術を習得することができます。予約制ということもあり、曜日によってはなかなか予約が取れないかもしれませんが、予約が取れれば時間内にたくさんトレーニングをすることが可能です。

トレーニングはユーモアに満ち溢れたレクチャーをするので、初心者でも安心して通い続けることができます。代表者が直接、デモンストレーションをしたりして、護身術の素晴らしさを生徒たちに伝授しています。技を実際に味わいながら習得するので、苦労することはありません。

常に身体を使って体験的に学ぶので体力勝負になりますが、身体を動かしていくうちに勇気が出ます。生徒たちと一緒に技を認識しながら感覚を覚えていくので、長期的に続けることができます。

『剣』Tsurugi

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★
情報量 ★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 身体も心も強くなると言う事です
  • 常識に囚われない革新的な技と斬新的な発想
  • 誰でも幾つからでも気軽に始められる

『剣』Tsurugiと言う護身術の道場があります。今の世の中、いつどのような状況下で、自分の身に振り被さるか分からない、見ず知らずの力や抵抗があります。もしそのような状況下で、自分を守る事が出来ると言うのが実は、自分だけだと言う事です。ではどのようにして自分を守るかと言うのが護身術です。

その護身術を、小さな時分から教えてくれる道場が『剣』Tsurugiです。如何にして、いきなり自分の身に振り下りてきた力に対抗するかを学ぶと言うこの道場は、決して自分の力を最高潮に持って行くのではなく、自然の力をそのまま使っての相手を翻弄する事にあります。

相手の場合も、目の前の人が油断をしていると言う事で襲い掛かってくる訳です。けれども一瞬でそれを見抜く事こそが大切でもあり、それを学ぶと言うのがこの道場です。女性でも子供でも、身体で覚えれば、自然に覚えられると言う護身術です。

不二流体術

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★
サービス性 ★★★★
利便性 ★★★
情報量 ★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 敵の攻撃に合わせて自分の身体を捌く事
  • 万が一にも圧倒的な体格の相手をどうするか
  • 力に力で対抗するのではなく、力を技で封殺する

昭和時代、それも昭和の後半の治安的にも良かった我が国日本ですが、時代は流れて今の世の中では、日々、様々な事件が起きています。しかも、自分の身は自分で守るしか出来ない世の中でもあります。日中堂々と犯罪が起きる場合もあれば、夜遅くに人が襲われると言う事も有り得る言う時代です。

自分の身を自分で守ると言う事に関して言えば、やはり術しかないと言うのが一般的です。女性が男性に襲われる、そして男性でも力の強い体格の良い人からいきなり襲われると言う場合もあります。中にはまだ年齢も若い人が社会人から襲われると言う場合もあります。襲われると言う意味以外にも様々あります。

自分の身に振ってくる災難に対して、どうやればその時点で相手に対して自分の身を守られるかと言うのに必要なのが護身術です。自分の身を守ると言う事は、つまりはいきなり自分に力が加えられた時点で、どのように自分の身体がその力に対して反応するかです。それを教える場所が不二流体術にはあります。

護身術では身の回りで武器になるものを使う

現代社会では日常的なトラブルが多く存在していることから、警察がすぐに対応できないケースも多々あります。そうなると自分を守るためにも護身術が必要になってきますので、簡単な対策を覚えておくと便利です。まず護身の考えから行くと、相手とトラブルにならないことがベストなので、夜道を歩いている女性は携帯電話などを使って、通話をしているフリをすることも効果的です。誰かと通話していると暴漢はすぐに通報されてしまうので、まずは行動することがありません。人気のあるところへといけば通話などもし無くて大丈夫ですが、誰もいないような夜道は気をつけるようにすることです。また暗い夜道を歩く場合には早足で急いでいくことも大事ですし、誰か他の人が近くにいるのであれば安心して歩くことができます。

それでも不審者やストーカーが襲ってくることもありますので、そんな時には護身術を使うことです。まず後ろから羽交い絞めをされそうになったときには、腕を前に伸ばして肘を相手の身体に当てる肘うちをすることです。肘というのは女性でも硬い箇所になりますので、思いっきり肘をつかってお腹や胸に当てていくことによって相手がひるみます。また痛みによって倒れることになりますので、思いっきり肘を当てていくことが大事です。また前からつかみにきた場合には、腕を交わすことができるとすぐに逃げることができますが、つかまれた場合には一度相手の方へ体を持っていき、すぐに後ろに下がることで腕を振り切ることができます。前に出ることで相手がつかんでいる手を弛めることになるので、心理的な要素で簡単に外すことができます。

それでも身の危険を感じている場合には、顎や顔などは鍛えることができない箇所なので叩くことも効果があります。顎などは平手で打ちぬく感じにすると、脳が揺れますので相手が膝をついて倒れることも少なくありません。そのときには躊躇することなく全体重を乗せて叩くようにするのがコツで、躊躇してしまうと威力が半減してしまうので、相手からの反撃に合うこともあります。相手から身を守るためには躊躇せずに、相手をノックアウトする勢いを持って対応することが大事です。自分の行動によって次の身の危険を防ぐことができますし、武器になるようなものが落ちている場合にはすぐに使うことです。傘などを持っている場合には武器になりますし、女性はバッグなども振り回すことで相手がひるむことがあります。

カテゴリー

PAGETOP